ITフリーランスのスキルアップと人脈づくり

IT系のフリーランスの方向けにお話しさせていただきます。
昨今、フリーランスとして組織に所属せず働く方も多いです。しかし、なんのスキルもないままフリーランスになっても食って行くのに困るだけです。人脈や売り込めるスキルを持つ必要があります。
まず、人脈についてですが、複数の企業に顔が効く方というのはIT系に限らずいます。そう言った方はフリーランスを企業に紹介して利益を得ているので、そう言った方に働き口を探してもらうのもひとつの手です。その方と仲良くなれば優先的に良い仕事を回してもらえる可能性も高くなりますし、紹介された派遣先で活躍できればそちらともパイプができます。
次にスキルアップについてご紹介します。スキルアップと言ってもセミナーに通ったり独学で勉強して行くよりも、そのスキルを使って仕事をしているプロジェクトに参加するのが一番手っ取り早いステップアップ方法です。前述の顔が効く方を通して見につけたいスキルを活用しているプロジェクトに参加するのが良いでしょう。
フリーランスの世界でも自分のスキルや人脈は大切です。最初はスキルアップと人脈づくりを意識して仕事を受けて行くと良いでしょう。

IT系でのフリーランスのメリットデメリットとは?

IT系でのフリーランスで働く場合、メリット、デメリットがあります。まず、フリーランスとして働く場合、自分のスタイルで働くことが出来るというメリットがあります。
IT系のフリーランスの仕事の場合、パソコン一つで、インターネット環境さえあれば、好きな場所で、好きな分だけ仕事をすることが出来ます。
自分が働きたいだけ仕事を請けることが出来ますので、収入なども自分でコントロールすることが出来るのです。
決まった仕事量だけをこなしたい…という方や、プライベートを充実させたいという方、またワークスタイルを自分で決めたいという方には最適な働き方です。
また、フリーランスで働く場合、自分がしたい仕事だけを選ぶ事が出来ます。得意分野だけに特化したり、自分が求める条件の仕事のみを請けることが出来て、嫌な仕事を請けなくても済むというメリットがあります。
しかし、フリーランスの場合、収入が必ずしも安定しないというデメリットもあります。

IT関連、デザイン、コピーライト等、フリーランスの人が仕事を確保するサイト

在宅ワークと言えば、昔ながらの仕事として安い単価の単純作業を大量に行う内職があります。部屋いっぱいに加工する品物が積まれた光景が思い浮かびます。
現在も、こうした内職は存在しますが、昔に比べて大幅に減少しています。それに代わる在宅ワークとして、ネットを活用したものが増え続けています。
多くの人が参加しているものにポイントサイトがあります。アンケートや様々なゲームやクリックを通してポイントを稼ぎ、それを商品券や現金に換えると言うものです。
しかし、このポイントサイトを行う人の事をポイント乞食と揶揄されるように、その稼ぎは在宅ワークと言える程ではありません。
一方でアフィリエイトの様に、簡単に稼げるように見えて、現実にはセンスと非常な努力をしたごく一部の人が稼げ、労力の割に中々稼げないものもあります。
何か特技を持った人なら、やはりクラウドソーシングで仕事を見つけて稼ぐのが在宅ワークとしてはベストでしょう。IT関連、デザイン、コピーライト等、フリーランスの人が仕事を確保するサイトともなっており、お勧めです。
しかし、そんな特技やスキルがなく、無理だと言う人でもこのクラウドソーシングで在宅ワークとして稼ぐ方法があります。
それは、クラウドソーシングの世界でタスクと呼ばれている文章作成を中心とした仕事を行う方法です。
ブログ、口コミ、解説記事等、色々な文章を作成する仕事で、200字~1000字/記事で
20~300円/記事と言った安い単価ですが、これをコツコツと書いて稼ぐのです。
ノルマもなく、好きな時に好きなだけ、自分の得意分野の文章を書けばよく、主婦や定年退職者の間で人気のある在宅ワークです。
2万円/月程度は文章作成やキータッチに慣れた人なら比較的簡単に稼ぐ事が可能です。まさに昔ながらの内職に代わる在宅ワークと言えるでしょう。

クラウドソーシングを利用してみることも良いのではないでしょうか

会社員が副業をする場合、会社が副業を認めているか否かも大きな問題となってきます。主な収入である会社からの給料以外の収入が、年間20万円を超えた場合には確定申告をする義務が発生します。また、その結果が税務署から会社へ展開される流れを考えると、副業を認めていない会社に勤務されている場合には、やはり確定申告の必要のない、年間20万円までを当面の目標とした副業を考えるのが良いと考えます。また、誰にも知られず出来ることから、会社員の方には在宅ワークが安心ですし、会社から帰宅してからの時間を有効利用することが出来ます。
年間20万円を目標額に、在宅ワークで毎月16,000円~17,000円を稼ぐのであれば、話題のクラウドソーシングは、如何でしょうか。メディアでも取り上げられ、クラウドソーシングで在宅ワークしている会社員も増えてきています。
多種多様な分野・作業がありますが、コツコツ型の作業が苦手でなければ、ブログや記事を作成する作業、ライティングがお薦めです。色々な案件がありますが、500文字前後の文章で100円~200円程の報酬がえられます。慣れると、10分位で終わるのではないでしょうか。1日3件~5件、500円~600円を目標に取り組むことで、毎月安定して 16,000円~17,000円を稼ぐことが出来ます。深い知識がなくても、自分の体験談やネットで調べた知識程度で作業は十分可能ですし、実際にやり始めると、意外に簡単だと感じると思います。
平日には電車の移動時間なども含めて1~2時間、休日に2時間位を使えれば出来ると思います。
決して大きく稼ぐものではありませんが、確定申告が不要な年間20万円までを考えての在宅ワークでしたら、会社員が副業をする場合、会社が副業を認めているか否かも大きな問題となってきます。主な収入である会社からの給料以外の収入が、年間20万円を超えた場合には確定申告をする義務が発生します。また、その結果が税務署から会社へ展開される流れを考えると、副業を認めていない会社に勤務されている場合には、やはり確定申告の必要のない、年間20万円までを当面の目標とした副業を考えるのが良いと考えます。また、誰にも知られず出来ることから、会社員の方には在宅ワークが安心ですし、会社から帰宅してからの時間を有効利用することが出来ます。
年間20万円を目標額に、在宅ワークで毎月16,000円~17,000円を稼ぐのであれば、話題のクラウドソーシングは、如何でしょうか。メディアでも取り上げられ、クラウドソーシングで在宅ワークしているしている会社員も増えてきています。
多種多様な分野・作業がありますが、コツコツ型の作業が苦手でなければ、ブログや記事を作成する作業、ライティングがお薦めです。色々な案件がありますが、500文字前後の文章で100円~200円程の報酬がえられます。慣れると、10分位で終わるのではないでしょうか。1日3件~5件、500円~600円を目標に取り組むことで、毎月安定して 16,000円~17,000円を稼ぐことが出来ます。深い知識がなくても、自分の体験談やネットで調べた知識程度で作業は十分可能ですし、実際にやり始めると、意外に簡単だと感じると思います。
平日には電車の移動時間なども含めて1~2時間、休日に2時間位を使えれば出来ると思います。
決して大きく稼ぐものではありませんが、確定申告が不要な年間20万円までを考えての在宅ワークでしたら、クラウドソーシングを利用してみることも良いのではないでしょうか。

フリーランスのwebクリエイターのメリット

フリーランスでIT系の仕事をする上でのメリットは働く時間を自由に決められることと自分の得意な仕事やスキルを生かせることです。特に会社に勤めるのとは違い12時間以上働くといった事や出来ない仕事を無理にする必要もないのです。ですが、フリーランスにはデメリットも付き物です。それはスキルや評判が低い人物には直接依頼が来ずに結局、依頼を仲介してもらうサイトに登録して仲介料を取られながら働くことになります。企業から直接依頼をひき受けられるレベルにならなければ報酬の増額は見込めないでしょう。ですが、企業で働いていた時にある程度人脈を作っているとそこからツテで仕事を得て信頼を勝ち取っていけます。人脈とは企業で働いていたときの同僚や上司のことです。人脈を駆使して仕事を得て信頼を勝ち取らないとスキルを向上させようにもまず出来ないと思えます。スキルとは仕事をする上での知識やテクニックのようなものでこれらは仕事をこなすうちに自然と身に付いていく物です。それらを踏まえた上でフリーランスは=独立して働くという意思を持たなければフリーランスで仕事をすることは出来ないと言えます。

IT系フリーランスは稼ぎます

IT系フリーランスの仕事は、やった分だけ報酬もありますし、大きな仕事も引き受けることができるので、けっこう稼ぐことも可能です。会社勤めしている頃は、なかなか大きな案件などなく、やはり与えられた仕事をこなすことにあまり魅力を感じていなかったので、色々と仕事の幅を広げていき、開拓していくことでやりがいある仕事は何か、そしてフリーランスとして仕事をするようになってから、かなり仕事に対しての意欲なども出るようになりました。やった分だけ実力や実績になりますし、クライアントとの信頼関係も築くことができます。色々と案件を紹介されるようになるにも人間関係の構築はとても重要になるため、普段からしっかりとコミュニケーションをとっていき、現状の様子や仕事の引き受けや締め切りに間に合うようにきっちりと作業を行い、修正依頼があった場合は、迅速に対応するなど、きちんと計画的に行動することが何より重要になるのでスケジュール管理は大切です。

フリーランスでIT系業務は活躍できます

以前はIT企業で働いていましたが、子育てや親の介護などで両立が難しくなり、フリーランスで働くことにしました。フリーランス用の仕事紹介サイトがあるので、そこでクライアントを探し、色々と仕事を提供してもらうようになりました。かなり充実した内容で仕事の依頼があり、そして自宅にいながら締め切り期限に間に合うように作業を行うとよいので、無理なく仕事ができるのはなかなか便利です。やはり自分のペースでフリーランスは仕事ができるし、女性にとっては特にスキルアップしながら自宅で仕事をすることで得意分野をどんどん伸ばしていくことができ、スキルを磨くことができるので、魅力的な仕事です。クライアントとの信頼関係も築くことができたことで、仕事の依頼も多々ありますし、得意分野をしっかり伸ばすことで、かなり充実した仕事ができるようになります。フリーランスは、責任も重要なので、まずは締め切り期限をしっかり守って仕事を行うことは大切です。

IT系のフリーランスは子育てと両立できます

IT系の仕事をフリーランスでするようになってから、子育てや家事と両立できるようになり、かなりストレス軽減できるようになりました。以前は、IT系の職場で働いていた頃は、忙しい時期は残業したり、休日出勤などもまめにあったので、子供と過ごす時間も短く、保育園も延長保育をするなど、けっこう自分の中でも仕事中心になっていたので、普段の生活もストレスを感じていました。自分の時間もなく、イライラすることも多かったので、IT系のフリーランスの仕事をするようになってから、子供と過ごす時間も増えましたし、空いた時間を利用して仕事をするなど、上手に時間を使うことができるようになったことで、自分の時間を確保することができるようになりました。IT系のフリーランスは納期も決まっているので、その期日に合わせて作業をすることになりますし、仕事と家庭との両立が自分の中でもうまくできるようになり、満足感を得られるようになりました。

IT系の作業請負

私は数年前にインターネット会社を退職して、フリーランスで様々なIT系の業務の請負を行っています。1番多い業務はインターネットサイトの更新や新規の提案や構築になります。これは、私自身が特に若い家ですから受けることができるのですが、困るのはなんといっても日々の更新を請け負った際に私1人で仕事をしても日々の対応が追いつかなくなることです。仕事を請け負う際には1時期頑張れば何とかなると言うものではなく、定期的に仕事が入ってくる場合には自分自身のキャパシティーを考えて、追加で人材を雇う必要があるのかどうかなど検討した上できちんと請け負うなければなりません。結局は自分自身が仕事を請け負いきれなくなりお客様に迷惑をかけることになるからです。

どうしても自分1人がフリーランスとしてできる仕事には限界がありますので作業量と収入源をバランスを考えながら仕事を考えていかなければならないと思います。 結局はそれが自分自身のフリーランスとしての信頼につながります。

フリーランスで活躍するにはパイプがあったら楽

フリーランスになる前は、IT業界でプログラマーとして働いていました。所属する会社から他の企業に常駐という形で働いていました。実際に仕事をするのは常駐先の会社ですので、実態は派遣のようなものでした。ITエンジニアはこのような形態が多いため、あまり愛社精神のようなものはなく、実力がつくとすぐに独立してしまいます。私も同じように独立をして成功しています。独立して成功するためには、スキルを身に付けておくことはもちろん重要なことですが、業界とのパイプを見つけておくと、今後のフリーランスとしての仕事が楽になります。私の場合は、独立してからも、常駐先での会社で働くことになりました。これまでの仕事を評価してくれたことで、また一緒に働くようオファーをくれたのです。独立してフリーランスになったことから、報酬を全て自分でもらうことができますので、これまでの給料の倍くらいになりました。やはり相当の金額を所属会社にとられていますので、フリーランスになってよかったと感じています。