フリーランスのwebクリエイターのメリット

フリーランスでIT系の仕事をする上でのメリットは働く時間を自由に決められることと自分の得意な仕事やスキルを生かせることです。特に会社に勤めるのとは違い12時間以上働くといった事や出来ない仕事を無理にする必要もないのです。ですが、フリーランスにはデメリットも付き物です。それはスキルや評判が低い人物には直接依頼が来ずに結局、依頼を仲介してもらうサイトに登録して仲介料を取られながら働くことになります。企業から直接依頼をひき受けられるレベルにならなければ報酬の増額は見込めないでしょう。ですが、企業で働いていた時にある程度人脈を作っているとそこからツテで仕事を得て信頼を勝ち取っていけます。人脈とは企業で働いていたときの同僚や上司のことです。人脈を駆使して仕事を得て信頼を勝ち取らないとスキルを向上させようにもまず出来ないと思えます。スキルとは仕事をする上での知識やテクニックのようなものでこれらは仕事をこなすうちに自然と身に付いていく物です。それらを踏まえた上でフリーランスは=独立して働くという意思を持たなければフリーランスで仕事をすることは出来ないと言えます。

IT系フリーランスは稼ぎます

IT系フリーランスの仕事は、やった分だけ報酬もありますし、大きな仕事も引き受けることができるので、けっこう稼ぐことも可能です。会社勤めしている頃は、なかなか大きな案件などなく、やはり与えられた仕事をこなすことにあまり魅力を感じていなかったので、色々と仕事の幅を広げていき、開拓していくことでやりがいある仕事は何か、そしてフリーランスとして仕事をするようになってから、かなり仕事に対しての意欲なども出るようになりました。やった分だけ実力や実績になりますし、クライアントとの信頼関係も築くことができます。色々と案件を紹介されるようになるにも人間関係の構築はとても重要になるため、普段からしっかりとコミュニケーションをとっていき、現状の様子や仕事の引き受けや締め切りに間に合うようにきっちりと作業を行い、修正依頼があった場合は、迅速に対応するなど、きちんと計画的に行動することが何より重要になるのでスケジュール管理は大切です。

フリーランスでIT系業務は活躍できます

以前はIT企業で働いていましたが、子育てや親の介護などで両立が難しくなり、フリーランスで働くことにしました。フリーランス用の仕事紹介サイトがあるので、そこでクライアントを探し、色々と仕事を提供してもらうようになりました。かなり充実した内容で仕事の依頼があり、そして自宅にいながら締め切り期限に間に合うように作業を行うとよいので、無理なく仕事ができるのはなかなか便利です。やはり自分のペースでフリーランスは仕事ができるし、女性にとっては特にスキルアップしながら自宅で仕事をすることで得意分野をどんどん伸ばしていくことができ、スキルを磨くことができるので、魅力的な仕事です。クライアントとの信頼関係も築くことができたことで、仕事の依頼も多々ありますし、得意分野をしっかり伸ばすことで、かなり充実した仕事ができるようになります。フリーランスは、責任も重要なので、まずは締め切り期限をしっかり守って仕事を行うことは大切です。

IT系のフリーランスは子育てと両立できます

IT系の仕事をフリーランスでするようになってから、子育てや家事と両立できるようになり、かなりストレス軽減できるようになりました。以前は、IT系の職場で働いていた頃は、忙しい時期は残業したり、休日出勤などもまめにあったので、子供と過ごす時間も短く、保育園も延長保育をするなど、けっこう自分の中でも仕事中心になっていたので、普段の生活もストレスを感じていました。自分の時間もなく、イライラすることも多かったので、IT系のフリーランスの仕事をするようになってから、子供と過ごす時間も増えましたし、空いた時間を利用して仕事をするなど、上手に時間を使うことができるようになったことで、自分の時間を確保することができるようになりました。IT系のフリーランスは納期も決まっているので、その期日に合わせて作業をすることになりますし、仕事と家庭との両立が自分の中でもうまくできるようになり、満足感を得られるようになりました。

IT系の作業請負

私は数年前にインターネット会社を退職して、フリーランスで様々なIT系の業務の請負を行っています。1番多い業務はインターネットサイトの更新や新規の提案や構築になります。これは、私自身が特に若い家ですから受けることができるのですが、困るのはなんといっても日々の更新を請け負った際に私1人で仕事をしても日々の対応が追いつかなくなることです。仕事を請け負う際には1時期頑張れば何とかなると言うものではなく、定期的に仕事が入ってくる場合には自分自身のキャパシティーを考えて、追加で人材を雇う必要があるのかどうかなど検討した上できちんと請け負うなければなりません。結局は自分自身が仕事を請け負いきれなくなりお客様に迷惑をかけることになるからです。

どうしても自分1人がフリーランスとしてできる仕事には限界がありますので作業量と収入源をバランスを考えながら仕事を考えていかなければならないと思います。 結局はそれが自分自身のフリーランスとしての信頼につながります。

フリーランスで活躍するにはパイプがあったら楽

フリーランスになる前は、IT業界でプログラマーとして働いていました。所属する会社から他の企業に常駐という形で働いていました。実際に仕事をするのは常駐先の会社ですので、実態は派遣のようなものでした。ITエンジニアはこのような形態が多いため、あまり愛社精神のようなものはなく、実力がつくとすぐに独立してしまいます。私も同じように独立をして成功しています。独立して成功するためには、スキルを身に付けておくことはもちろん重要なことですが、業界とのパイプを見つけておくと、今後のフリーランスとしての仕事が楽になります。私の場合は、独立してからも、常駐先での会社で働くことになりました。これまでの仕事を評価してくれたことで、また一緒に働くようオファーをくれたのです。独立してフリーランスになったことから、報酬を全て自分でもらうことができますので、これまでの給料の倍くらいになりました。やはり相当の金額を所属会社にとられていますので、フリーランスになってよかったと感じています。

IT業界開発以外の職種もフリ-ランス可能です

IT業界というと開発やクリエイタ-としての印象が強いと思いますが、ここ数年はマ-ケティングに関係するあるいは付随する仕事が急増しています。デ-タアナリストは比較的メジャ-ですが、アナリストが分析するデ-タは現状ツ-ルで収集されるものだけではありません。ツ-ルで対象デ-タを収集後、これを手作業で振り分けていく作業等はたくさん存在します。IT業に特化した作業受託で昨年10月にフリ-ランスとして転身しましたが想像以上にニ-ズがあります。当然、ツ-ル処理がメインになりつつありますがそのツ-ルさえアナリストが対応していられないほどマ-ケティング業務は業務過多となっております。派遣社員等で対応をしている会社もありますが、コストが高いことと処理デ-タ膨大でありとてもこなせないという現状が続いています。この状況は今後しばらくは続いていくのではないかと推測しています。システム開発やWeb系の制作二-ズと共にWeb業界では作業系二-ズも更に高まるでしょう。

IT業界フリーランスでやっていくのは貯金が大事

IT業界だけの話ではないのですが、フリーランスでやっていこうとするのならば、ある程度の貯金は用意しておくべきです。ざっくりとした貯金額の目安を言いますと、だいたい2ヶ月を生活していけるだけのお金です。地域によって家賃の金額差もあるでしょうから、具体的な数字を言うことはできませんが、目安としては「2ヶ月分の生活費」ですから。

なぜに、フリーランスになるにあたって必要な貯金額が「二ヶ月分の生活費」なのかと言いますと、IT仕事の案件にしてもそうですが、だいたい納品から1〜2ヶ月後にギャランティーの振り込みが行われるからです。

納品したらすぐに支払いを行なってくれる会社なんて、ほぼないと言っていいぐらいなものですよ。たいていの会社は、納品後に請求書を出して、そして請求書が届いてからその月の末締めで、そして翌月の支払いです。その支払日は月末になることだってありますし。

そしてだからこそ「貯金」が大事だということです。お金にこまってIT仕事ではないバイトに追われてしまっては、IT業界でフリーランスでやっていくという志が折れてしまうかも知れませんからね。ですからこそ「貯金」が大事だったりするのです。

自宅でしっかりとしたネット環境を整備する事

自分の家で仕事をする事が多いのがフリーランスの大変大きな特徴です。普段から自分の好きな仕事を愉しんでいく事で大変充実した素敵な時間を愉しんでいく事ができます。素敵な仕事は自分で自宅や好きな場所で愉しんでいく事で高い生産性や効率的な仕事を愉しんでいく事ができるのです。普段から素晴らしい仕事を行っていく中で家でしっかりとしたネット環境を整備して素敵な仕事を行っていく事は重要な生産性を上げる上でも重要な意味を持つのです。IT関連の仕事を行っていくには家で安定した高速なインターネット環境を整備する事が重要なポイントとなるのです。このようなネット環境を整備する事で安定した運用を行っていく事ができます。仕事の資料を閲覧したりクライアントとの連絡等、今やインターネット環境は大変重要なライフラインとなりますので、このようなネット環境を確実に整備する事が成功するフリーランスとして大変重要な意味を持つのです。

 

IT業界で本当にフリーランスで通用するか

最近はノートパソコンとインターネットがあれば、大抵の仕事ができる時代になってきました。
このような環境からフリーランスで仕事をされている人も増えてきます。
私も一時期、勤めていたIT系の会社を退職してフリーランスで仕事をした時期もありましたが、やはりしばらくして別のIT会社に入った経験があります。
ずば抜けた知識とノウハウがあれば、フリーでも仕事を作れるかとしれませんが、やはり企業に身をおくことの価値をヒシヒシと感じました。

起業するのであれば、また話は変わってかますが、IT業界のスピードはとても速く手、つねに最新技術を自分の中には取り入れなければなりません。
そうなると、個人では外からの情報量に限界がありました。
しかし、企業にいることで、かなりの情報が自然と入ってくるので、フリーランスとは大きな違いかもしれないと思います。

もし、フリーを考えるなら、自分で会社を作るか、定年後のフリーランスを考えた方が現実的かもしれません。