IT関連、デザイン、コピーライト等、フリーランスの人が仕事を確保するサイト

在宅ワークと言えば、昔ながらの仕事として安い単価の単純作業を大量に行う内職があります。部屋いっぱいに加工する品物が積まれた光景が思い浮かびます。
現在も、こうした内職は存在しますが、昔に比べて大幅に減少しています。それに代わる在宅ワークとして、ネットを活用したものが増え続けています。
多くの人が参加しているものにポイントサイトがあります。アンケートや様々なゲームやクリックを通してポイントを稼ぎ、それを商品券や現金に換えると言うものです。
しかし、このポイントサイトを行う人の事をポイント乞食と揶揄されるように、その稼ぎは在宅ワークと言える程ではありません。
一方でアフィリエイトの様に、簡単に稼げるように見えて、現実にはセンスと非常な努力をしたごく一部の人が稼げ、労力の割に中々稼げないものもあります。
何か特技を持った人なら、やはりクラウドソーシングで仕事を見つけて稼ぐのが在宅ワークとしてはベストでしょう。IT関連、デザイン、コピーライト等、フリーランスの人が仕事を確保するサイトともなっており、お勧めです。
しかし、そんな特技やスキルがなく、無理だと言う人でもこのクラウドソーシングで在宅ワークとして稼ぐ方法があります。
それは、クラウドソーシングの世界でタスクと呼ばれている文章作成を中心とした仕事を行う方法です。
ブログ、口コミ、解説記事等、色々な文章を作成する仕事で、200字~1000字/記事で
20~300円/記事と言った安い単価ですが、これをコツコツと書いて稼ぐのです。
ノルマもなく、好きな時に好きなだけ、自分の得意分野の文章を書けばよく、主婦や定年退職者の間で人気のある在宅ワークです。
2万円/月程度は文章作成やキータッチに慣れた人なら比較的簡単に稼ぐ事が可能です。まさに昔ながらの内職に代わる在宅ワークと言えるでしょう。