フリーランスで活躍するにはパイプがあったら楽

フリーランスになる前は、IT業界でプログラマーとして働いていました。所属する会社から他の企業に常駐という形で働いていました。実際に仕事をするのは常駐先の会社ですので、実態は派遣のようなものでした。ITエンジニアはこのような形態が多いため、あまり愛社精神のようなものはなく、実力がつくとすぐに独立してしまいます。私も同じように独立をして成功しています。独立して成功するためには、スキルを身に付けておくことはもちろん重要なことですが、業界とのパイプを見つけておくと、今後のフリーランスとしての仕事が楽になります。私の場合は、独立してからも、常駐先での会社で働くことになりました。これまでの仕事を評価してくれたことで、また一緒に働くようオファーをくれたのです。独立してフリーランスになったことから、報酬を全て自分でもらうことができますので、これまでの給料の倍くらいになりました。やはり相当の金額を所属会社にとられていますので、フリーランスになってよかったと感じています。