IT系の作業請負

私は数年前にインターネット会社を退職して、フリーランスで様々なIT系の業務の請負を行っています。1番多い業務はインターネットサイトの更新や新規の提案や構築になります。これは、私自身が特に若い家ですから受けることができるのですが、困るのはなんといっても日々の更新を請け負った際に私1人で仕事をしても日々の対応が追いつかなくなることです。仕事を請け負う際には1時期頑張れば何とかなると言うものではなく、定期的に仕事が入ってくる場合には自分自身のキャパシティーを考えて、追加で人材を雇う必要があるのかどうかなど検討した上できちんと請け負うなければなりません。結局は自分自身が仕事を請け負いきれなくなりお客様に迷惑をかけることになるからです。

どうしても自分1人がフリーランスとしてできる仕事には限界がありますので作業量と収入源をバランスを考えながら仕事を考えていかなければならないと思います。 結局はそれが自分自身のフリーランスとしての信頼につながります。

フリーランスで活躍するにはパイプがあったら楽

フリーランスになる前は、IT業界でプログラマーとして働いていました。所属する会社から他の企業に常駐という形で働いていました。実際に仕事をするのは常駐先の会社ですので、実態は派遣のようなものでした。ITエンジニアはこのような形態が多いため、あまり愛社精神のようなものはなく、実力がつくとすぐに独立してしまいます。私も同じように独立をして成功しています。独立して成功するためには、スキルを身に付けておくことはもちろん重要なことですが、業界とのパイプを見つけておくと、今後のフリーランスとしての仕事が楽になります。私の場合は、独立してからも、常駐先での会社で働くことになりました。これまでの仕事を評価してくれたことで、また一緒に働くようオファーをくれたのです。独立してフリーランスになったことから、報酬を全て自分でもらうことができますので、これまでの給料の倍くらいになりました。やはり相当の金額を所属会社にとられていますので、フリーランスになってよかったと感じています。